カテゴリー別アーカイブ: ブログ

肩書きNEW ~夢の啓示~

2016年2月10日、突然 明け方 啓示が来て飛び起きた!

 

最近 ものすごい勢いで啓示がやってくる。

夢の中での啓示も多い。

なんだろうか・・・? と不思議に思うほど。

 

今回は肩書きについて。

「肩書きなんていらない! 私は私」

と、セラピストという肩書きが窮屈になり、取ってしまって久しくなる。

肩書きなんて必要ない。

必要なときはその状況に応じて適当につけてくれればいい、と思っていた。

 

それなのに、何の前触れもなく突如 肩書き・・・

 

2月9日、その日は寝る前に 瞑想をし宇宙エネルギーを取り入れる・・・ということをやった。

(なぜそれをしたのかは覚えていないが、たぶん何か特別な日だったのだろう)

 

明け方4:00に 突然

クリスタルボウルの演奏方法と肩書きを与えられたビックリマーク

 

「Essence Awaker」 とか 「Essence Awake ・・・ 何とか?」

あまりの衝撃に すぐに友人にメールを送った。

忘れないうちに。

私はすぐ忘れてしまうから。

はっきり受け取れなかった部分があったので、後日意識を合わせてみた。

「Essence Awakenist」 

「エッセンス・アウェイクニスト」

      「本質を目覚めさせる者」

 

ガガ~ン!!

なんか あまりにもたいそうな肩書きじゃない!?

ということで、私のエゴは

「たしかに私のリーディングやクリスタルボウルは本質を刺激し、促すものだけど・・・」

「昔、外国人霊能力者に”戦士の魂”だとか、ネイティブインディアンに ”開拓していく者だ” と言われたけれど・・・」

とか 理由付けを探したり、

「あまりにも大きすぎる肩書きで恥ずかしいんじゃない?」

「私にそんな役割ができるだろうか?」

「今更 肩書きなんて」

とか、拒否する口実を探し始めている。

しかし、 メッセージは来てしまったのだビックリマーク

肩書きは与えられてしまったビックリマーク

小さな私のエゴが何と言おうとも。

理由付けも抵抗も もうできない!

2月にメッセージがあって以来、公表を先延ばしにしてきた。

つべこべ言わず、その役割を与えられたなら、ただそれを受け容れていこう!

やっと決心がつきました。

「Essence Awakenist」

「エッセンス・アウェイクニスト」

「本質を目覚めさせる者」

このお役目を ありがたくお受けさせていただきます。

これから この肩書きで 新たに活動させていただきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

必要なことは向こうからやってくる

実は去年の10月から介護老人ホームの畑仕事をお手伝いさせていただいている。

バレエのレッスンの帰りに、以前からの知り合いにバッタリ会って食事をすることになった。

最近は長野の友達のところで味噌作りや自分たちで食べるくらいの作物を作ったりし、土に触れたり、自然の中から学ぶことをしていると話した。

「でも、この辺りだと畑なんてする場所ないし、セッションもあるから畑を借りてやることもできないんだよね~」

と、話していたら、突然

「あっひらめき電球ちょうど一人畑の仕事する人が辞めてしまって、探しているところだから、やらない?」  と。

その途端、間髪いれずに

「やる」

と 即答。

話をよく聞いてみると、

そこの介護老人ホームは、施設のお年寄りの方に健康的な食物を摂っていただきたいと、無農薬の野菜を作り、利用者さんに提供しているとのこと。

なので畑スタッフも会社のバイト。

「ええ~目 好きな畑仕事して、お金いただけるの~!!

すっ、素晴らしいではないですかニコニコ

しかも私はセッションや出張などがあるからお休みすることもあるのだけれど、他の方に迷惑になるのではないか?

と話したら、それは事前に言ってくれれば問題ないとのこと。

こんなうまい話があるんだろうか!!

偶然会って、そんな話が出たのが木曜日。次の月曜日に畑で利用者のお年寄りの方々のイモ堀大会だというので、クリスタルボウル演奏会の後 見学に行き、畑スタッフにもお会いし、水曜日からお仕事に加わることに!

というように、考える間もなく畑仕事をしている。

畑で収穫をし、仕分けし、配達。

耕運機をかけ、畝立て、種まき、追肥、草むしり、ビニールかけなどなど、出荷をしなくてはならない。

畑仕事は休むことなく仕事がある。

そして仕事はずっと外での作業。

休憩も、お昼もお弁当を持って野良弁ニコニコ
秋には柿の木に登り、柿も収穫した。

 

マニュアルの軽トラも運転でき、耕運機も教えてもらったらすぐにでき、木登りもでき、スタッフの中で一番若い私は、どうやら重宝していただけているようだ にひひ

施設にいらっしゃるお年寄りの方々やご家族の皆さん、施設で働くスタッフの方々が美味しくいただいてくれださるだろう、と思うだけで嬉しくなって、張り切ってしまう 音譜

そして、植物はいろいろと教えてくれる。

なんだか すごく嬉しいんだよね ラブラブ

ありがたい。

探したりしなくても、必要なことは本当に向こうからやってくるのだ。

 

すべては自分の中にある ~昔のブログ~

2012-04-27 15:41:53 テーマ:ブログ

「すべては自分の中にある」

それを感じたから、私はセラピーを始めた。

自分自身も自己探求を始めた。
(しばらくは 何年間も彼氏がいないのを何とも感じないほど、「自分」というものが面白かった )

人は 車は車検に出すが、車を運転する、動かす元となる 「自分」 というものをメンテナンスすることはめったにない。

自分のメンテナンスがセラピーだ。

 

その”人を動かすもの”が心地善く動いたら、見える世界が変わってくる。

それに気づき、自分が体感したときにいろいろなことが変わり始めた。

 「すべては自分の世界で起きている」

それは真実だ。

 

同じ時間に、同じ景色を見ても、一緒に会話をしていても、それぞれ感じることはまったく違うことがある。

何かを言われて 「なるほど 」 と思う人もあれば、「むかつく 」 と思う人もあり、「へ~」 と何も感じない人もいる。

いったい何が本当なのか?どれが正しいのか?

どれも本当。 誰も間違っていない。

誰かのせいじゃない。何かのせいじゃない。

すべては自分勝手な世界で解釈していること。

 

自分が勝手なんだから相手も勝手。
案外別なことを思っている。

自分の世界では自分が正しいこと、なだけ。

正しいけど、楽しくないことがある。
心地善くないことがある。

 

社会の観念、概念、想念からの刷り込み(集合意識)もあるが、自分がそれを 「そうだ」 として自分のものにしてしまっている。

その世界の表れが現象界である現実。

だから自分が変化すれば現実も変わる。

これは本当のこと。

自分の心の世界が変わるから、同じことが起きても変わって見える。

 

だけど ・・・ わかっているが、それを受け入れることが案外難しい。

それよりも、自分の心の奥深くにどのような思いがあるかを知ることが難しいのかもしれない。

善いことは受け入れられるが、悪いことは受け入れたくない。

相手のせいにし、自分から逃げる。

 

人は皆、自分をごまかし、騙してきている

だって誰だっていい人でありたい。自分が正しくありたい。これで善いのだと思っていたい。

だけどそうではない、

卑しい、恥ずかしい、醜い、哀れな、汚い、愚かな ・・・ さまざまな否定的な要素があることに気づいたときに、反対の要素である ”愛” が ”光” が輝きだしてくる

 

自分の心に否定的なものがあるから外側に現れた現象に反応していくだけ。

これら忌み嫌うものを受け入れたときに変化がやってくる。

嫌なものこそ大きなプレゼントを含んでいる。

 

私も常に自己探求をしてきている。

・・・ 長年探求してわかってはいても、いざその時になるとすぐにその気持ちを忘れて動揺してしまう。

揺らいでしまう。

それが人間かもしれない ・・・

そして、それでいいのかも ・・・

きっと時間がかかったってわかるときがくるから

 

そしてそんな迷いを繰り返し、善い、悪いというものにとらわれず、どちらも受け入れたなら、何も怖いものはなくなるだろう。

自分の中にどんな自分がいるのか、見つける旅は時に辛いけれど、受け入れたときに輝いてくる

みなさんにも味わっていただきたい。

私も味わい続けよう・・・

 

 

10月という月


10月 ・・・・ 私にとって それは変化の月。

思い返せば 専門学校を卒業し 就職をしたのが10月。

(CAになりたくて卒業後就職をせず学校に残ってもう一度試験を受けたのだが、落ちましたにひひ

外資系の証券会社だったので、当時は中途採用だけしか受け入れていなかった。

この証券会社を辞め オーストラリアにワーキングホリデーで行ったのが10月。

帰ってきて半年卒業した学校の関係会社にいたのだけど、その後転職して外資系広告代理店に入社したのが10月? 忘れたけれど秋。

また転職し、最後の会社を退職したのが10月。

そして 今のセラピールームを始めたのが10月。

なぜかたまたま10月になっている。
人間が誕生するときに 魂が肉体に入るのが3ヶ月前だと聞いたことがある。

私は12月末が誕生日だから そう考えると納得がいく。
10月は私にとって魂のギアチェンジ アップ

新たな出発の月なのだ NEWNEWNEW

タイヤも履き替えたし、 髪もバッサリ短くなったし、 おかげで自分の心の成長、変化にも気づけたし・・・

さあ 新しい段階へ シフトアップして出発だ~ロケットロケットロケットグッド!
生きている”今”を 満喫していくぞ~グー

おかげ様でヒーリング&セラピールーム フェアリース・オブ・ムーンは13年目になりました。

(本当は正確な開業日は覚えていないんだけどね。 だいたい10月。 今 やっているんだからいいじゃないべーっだ!
12年間 皆様の口コミで全国からたくさんの方々にお越しいただき、また出張セッションでお会いさせていただきました。

皆様のおかげで私自身も勉強させていただき、成長させていただいています。

そして人のつながりの凄さ、素晴らしさに驚き、感謝の言葉だけでは言い表せないほど 感謝しています。
お会いした一人一人の方のことは覚えていませんが (終わった直後にエネルギーを消してしまうので忘れてしまう)、お会いしているときは「大切な友人」としてお一人お一人お会いさせていただいてきました。

そんな機会を与えてくださった皆様に、この場を借りて心の底からお礼を申し上げさせていただきます。

ありがとうございます ドキドキ

どうぞこれからもよろしくお願いいたします 晴れ

 

・・・そして現在、2015年
フェアリース・オブ・ムーン16年目の10月

また新たな段階として、新たなことを始めさせていただきます。

クリスタルボウル演奏の講習を行なっていきます。

10年奏者として演奏してきたこと、そして今まで個人セッションをとおして、自分と向かい合ってきたことをクリスタルボウルを通してお伝えできればいいな~と思っています。

そして素晴らしい演奏者・・・というよりも、
”光の使い手”が誕生してくださることを願っています。

これから徐々に空欄になっている講習のページに載せていきます。

これからもよろしくお願いいたします!

吉方旅行 ~後日談

昨日クリスタルボウルに参加くださった方が なんと4月に同じ村杉温泉に行ったと言うビックリマーク

 

そんなにメジャーな温泉ではないと思うので、あまりのローカルな偶然に大盛り上がり!!

 

私が泊まったのは 川上屋旅館。

「どこに泊まったの? 長生館?」  と、なんとなく聞いてみたら

「そうです!」 という。

 

きゃ~!! 私 そこの若女将と一緒に飲んだよ~!!

 

写真を見せたら 「そうそう! この人! 食事のときにご挨拶に来てくれました~」 だって。

 

なんとまあ It’s a small world !!

なんだか おもしろいご縁!

「それにしても清水さん、地元の人になってますね~」 だって!

はい。私 どこに行っても地元の人のようになってしまうんです。。。

 

彼女もすごくいい所だったのだけど、あまりいろんな所に行けなかったということなので、

今度は一緒に行こうねドキドキ

 

そして泊まった川上屋旅館さんのホームページを見たら

私が滝のところでのクリスタルボウル演奏している写真がトップページに掲載されている!!

ブログにもたくさん!!

 

村杉温泉 川上屋旅館

http://www.kawakamiya.jp/

 

あちゃ~!!

こんなことなら もう少しキレイな格好をしておくべきだったあせる

もう少し化粧もしてさ~

川上屋旅館さんにも申し訳ないことしちゃったわ~あせる

 

親切にしていただいた上に、ホームーページにまで載せてくださって。

本当にありがたい。

 

ほんとにステキなご主人、女将さん、仲居さん方。

美味しい食事にすばらしいお湯。

地元の皆さんにも仲間に入れていただき、幸せな旅をさせていただきました。

 

素晴らしいご縁をいただけて感謝、感謝、感謝ですラブラブ

必ずまた行く!!

スナックのママや みなさんにもお会いしたい!!

 

そして 今度はゆっくりと フルセットのクリスタルボウルの演奏を皆さんにお聞きいただきたい。

 

私にできることをさせていただきたいよ・・・
皆さんにご紹介したいけど、ナイショにしたい場所ですラブラブ

 

吉方旅行No.2~予想外の展開

吉方旅行に行く当日、朝は雨だった。

車で行こうかとも思ったけれど、新幹線で行ってみることにした。

もしかしたら車の方が安上がりかもしれないし、便利だと思うのだけれど、なんとなく新幹線に。

 

小さいクリスタルボウルのセットも重いけれどなんとなく持って行くことにした。

いつどこでするんだかの予定もなく・・・

家を出るとき雨が止んだ。
よかった。

大宮で新幹線に乗り換えは5分くらいしかなかったので、お土産を買ってホームに行ったら新幹線は既にに来ていた。

上りも下りも同じ時間に発車予定。

右、左、どちらのホーム?  と駅員に尋ねたら、ここは左右両方上りホームだった!!

ガーン!!

 

大慌てでエスカレーターを下り、下りホームへ。

もう発車のベルが鳴っている!

エスカレーターに乗っている人の脇を大荷物持ってかけ上がり、新幹線に飛び乗った!!

間一髪ショック!

 

大宮から新潟までノンストップだ。

 

佐渡汽船は海がシケで波があったが無事佐渡に到着。

佐渡に着いて 急遽変更した新潟での宿の予約をするため友人宅でネットで宿探し。

行く場所は決まっている。

去年出張の帰りに通った五頭温泉郷。

 

そこも知り合いがいる。佐渡の友人の友人がサロンをしている。

昨年佐渡出張帰りに偶然にも泊まった温泉から近いところだったので、そして偶然にもずっと欲しかったものがこの方のところで手に入るということがわかり、寄ることになった。

そしてその時通った彼女のサロンの近くにある五頭温泉というのがとても気になっていた。

なんと今回、この辺りは真北に近かった!

 

しかし、宿がなかなか決まらない。

いきなり一人旅を受け入れてくれる宿も少ない。料金も高い。

気持ちが悪くなってきた。

 

結局一軒だけ二泊連泊で受け入れてくれる所があり、そこに決めた。

何度も「また電話します」と言った後に。

 

そこの宿のスタッフの電話対応はとてもおもしろかった。

私が予約しますと言った後に、「露天風呂はありますか?そこは一軒宿ですか?」 と聞いたら

「違います。たぶん○○さんと間違えているので、そちらに聞いてみたらどうですか?こちらはキャンセルしておきますね。」

と、嫌味がなく言ってくださった。

「温泉も露天風呂はなく、公共の露天がすぐ近くにあるが木曜日はお休みだから、露天を希望ならこちらじゃない方がいいかも」 と正直に教えてくださった。

 

あまりにも嫌味もなく、他の対応もなんだかおもしろかったので、ここに決めた。

佐渡の友達(昔からのクライアントさん)には頭が下がる。

突然、佐渡に行くことにし、最初佐渡に三泊するつもりで話をしていたのに、急に一泊の滞在にし、振り回してしまった。

それなのに、嫌な顔せず付き合ってくれた。
次の日にはセッションもさせていただいた。

彼女は本当にすごい人!!

ちょっとだったけど彼女のご家族にも会えてよかった!

心から信頼し、何でも話せ、助け合える 家族のような方。

そして共に道を歩んでいく同士だ、と勝手に思っている。

いつもいつも  ありがとう。
出逢わせてくれてありがとう。

 

新潟ではインフォメーションの方々もとても親切にいろいろ教えてくださった。

そしてレンタカーで五頭温泉郷、村杉温泉へ。

 

宿に行ってみると やはり素敵な女将さんと中居さん!

天然というのか、素朴というのか・・・ 本当にステキ!!

思わず 「やっぱりここにして良かった! お二人は本当におもしろい!!」 と言ってしまったラブラブ!

 

クリスタルボウルの入った箱を 「これは貴重品だから」 というと、

その箱を大事そうに両手で抱え2階の部屋まで運んでくれた。

部屋に入ってクリスタルボウルを少し出して、「こんなものです」 と見せ音を鳴らした。

「すごい~!気持ちいい音~ラブラブ」 と喜んでくださった。

 

宿の料理は最高!!

味もボリュームも、珍しいものも。


温泉もラジウム温泉で身体が暖まる~

大満足のうちに就寝。

 

次の朝、レンタカーで、どこに行こうかと思っていたら、宿のご主人が近所の遊歩道、そして車で山の方に連れて行ってくれた。

 

途中ご主人の携帯に電話が鳴り、どうやら約束を忘れていたとのこと。

宿に一旦戻り、お約束の相手も車に乗せ、また滝へ。

同行したのは宿のホームページを作成している方だった。

 

ホームページのブログ用に なんとそこでクリスタルボウルの演奏をすることになった!

 

本当は一人で滝の方に行ってクリスタルボウルを自然の中で演奏しようかな~ と思っていたところにこんな話チョキ

 

だから服装もひどい格好。

水着の上にラッシュガード。

夏は自然の中に行くときは 私 いつも水着を着てます。 いつでも泳げるように。

 

ああ、どんなときでもキレイな格好をしていなきゃダメだな~

そして 川の上の細い橋の上で演奏 ビックリマーク

きゃ~、風が吹いてクリスタルボウルが落ちませんように!!

演奏中、曇り空から急に日が差し込んできた晴れ

 

写真を撮ってくれている彼はいきなりの展開に革靴を脱いで川の中に入って写真を撮ってくれている。

ありがたい。

 

そして演奏終えて、車に乗り込んだとたんにどしゃぶりの雨雨

よかった~

この時の演奏写真は川上屋旅館さんのブログにも掲載されるかも。。。

 

なんだかおもしろいわ~

 

午後は五頭の去年うかがったサロンに行ってお話してこようと出かけた。
去年は彼女の時間がなくて10分くらいしかお話できなかったから。

 

伺うと、お客様が来ていて、ご紹介してくださった。

セッション、クリスタルボウル、コラボレーション・ワークショップの話をしていたら、私のコラボ相手の友人から電話が入った音譜

なんだか シンクロがすごすぎる!

 

そして なんと急な展開で 今日リーディングセッションを受けたいとのこと。

急遽行なうことになった!

 

私はレンタカーを新潟に返しに行かなくてはならないので、同行くださり宿まで乗せてくれるとのこと。

 

帰り道には行きたいと思っていた神社にも連れて行ってくれた。

何も言っていないのに・・・        以心伝心

なんだか今日はアメージング!!音譜

 

セッションの後はすぐに夕食。

これまたすっごいご馳走で にひひ

でっかいカキ!!  ヤッホ~ラブラブ音譜

 

食事が終わったら、ご主人が地元の方を誘って近くの飲み屋さんに連れて行ってくださり、

飲み屋でもクリボウ演奏!

 

昼間 滝や水の音にも負けずに澄んだ音が山に響き渡っていたのがすごかったから、みんなに紹介したい、と。

 

同じ年のステキなママさん、他の旅館の女将さん、みんな常連さん。

そんな中に入れていただいて、楽しいときを過ごした。

 

「今度いつ来るの?」

「こっちに住んだら?」

って 嬉しい言葉をいただいた。

 

吉方旅行は早く寝るようにということなのに、いつもよりも遅い時間に帰宅(帰宿)。

それから温泉に入り寝たのは2時過ぎ叫び

 

最終日、一人でゆっくり散歩して、小川に行ったらコケて靴の中ぐしょぐしょに。。。。

でも、それもなんだか楽しいラブラブ

 

帰りもご主人に駅まで送っていただいた。

 

「吉方旅行」

行っている最中に大吉ばっかり! Amazing!!

ステキな方々との出会い、新しいつながりが出来た!

 

佐渡の友人、新潟の方々、お会いした皆さんに本当にお世話になった。

 

ありがとうございます。

吉方旅行No.1 ~行くまで

先日「吉方旅行」というものに行ってきた。

先週末、クライアントの方が「吉方旅行というのがあって、行ってくるといいですよ。」 と教えてくれた。

私の吉方位をプリントアウトしてきてくれ、なんと今の時期の北方向は普通の2倍のボーナス付!!

予算的には厳しいけれど、時間もあるし、このタイミングで教えてくれたのも何かのご縁、

ええい!行ってしまえ! と火曜日か水曜日に出発して行くことにした。

三泊四日はしなくてはならないらしい。

 

月曜日は友達と飲み会の予定。

その前にどこに行くか決めたかったのに、特別に行きたいところもなく、どこに行って良いのやら地図を見ながら決められない。

テンションは思いっきり下がり、泣きたくなった。

飲み会も行きたくなくなった。

 

友達から電話があり、「今日は行けないかもしれない。どこに行ったらいいの~しょぼん

一人で決められないしょぼんしょぼん どうしたらいい~」 と泣いてしまった。

そう。 こんな時、私は決められない。
いつも誰かを頼ってしまう。

泣くほどのことではないのだけど、いつも人を頼ってしまう自分が無性に情けなくなってしまった。

 

「気分を変えるために来たら?」 ということで、飲み会に遅れて行くことにした。

テンションは落ちたまま。

 

旅行の事を話した。

日光か佐渡か・・・  決められない・・・と。

日光は真北だが、気分が上がらない。

佐渡は知り合いがいるから良くないかも知れない・・・

 

今回の吉方旅行は「一人で」とか、「ゆっくりする」とか注意事項がある。

だから余計悩んでしまう。

 

何か「~すること」 とか 「~ねばならない」というような条件がついていると、まじめにそれに従おうとしてしまいすぎて、わからなくなってしまうの。 パニック!

 

私を良く知る友人は 「佐渡がいいんじゃない?
海を渡ってさ。 知り合いもいるんだし、前回はお仕事だったけど、今回はゆっくり観光したら?」 と言う。

 

気がついたことだが、私はいつも一人旅をする時は、誰か知り合いがいるところを選んでいるようだ。

誰もいないところに行くこともあるが、そこで友達になり、もう一度行ったり、行きたいところはいつも誰かがいてくれる。

旅に行くのは一人だが、いつも目的地に誰かがいたり、そこを拠点に一人で出かけたり、常に誰かに助けてもらい、教えてもらい、旅をしている。

人にご迷惑をかけながら。

 

だからこそ今回はまったく誰もいないところを選び、一人で静かに過ごすところを選ぼう思ったのに、気分が乗らない。

そんな自分がダメな気がした。

しかし、みんなは 「そういうラッキーな人っているんだよな~」 とか、

「いつも助けてくれる人がいて、みんなに愛されているんじゃない」 と言われ、

視界が広がった!

 

「そうだ!私はこれでいいんだドキドキ

こんな情けない私でいいんだ!!

 

一気にテンションが上がってきた!!

 

そして決めたのは やっぱり 佐渡!

今度は泊まる所が決まらない。宿がいいと思うところがない!

前回は知り合いの家だったから。

「家に泊まってもいいよ」 と言ってくれる言葉に

「いいや。今回は一人旅だから、知らない宿にする」 と反抗し、苦し紛れに宿を予約した。

 

私、人の家って嫌いじゃないんだよね。
というか、むしろ好き!

そこの家の人や空気に触れるのが好きなのかな?

なぜかくつろげる。
良く眠れる。

無機質なホテルより旅館がいい。

旅館より民宿がいい。

民宿より人の家がいい!

・・・ということに今気づいた目

 

出発の前夜。

夜中に吉方旅行を教えてくれた方からメールが来て、

「方角の角度を違う角度入れなければならず、その角度だと佐渡は外れてしまうようです」 とのこと!
なんですと~!?

ガーン ガーン

あんなに悩んで決めたのに・・・

 

もういい。
佐渡に行く。

ちょうどセッション依頼もあったし、彼女に会いたいから。

 

そして急遽予定を佐渡一泊し、その後新潟に戻り、旅をすることにしたのであった。

こんなことなら佐渡では友達のところに泊めてもらうようにすればよかった。

そしたら彼女に旅館の送り迎えをさせることもなく、ご迷惑をかけるのも少なかったのに・・・

 

バカだね~

起こってくることに素直に従っていればいいのに、我を張ってみたりして。

と、流れに逆らうとこのようなことになる。
というお見本ができあがりました。

こうしてバカな私はいつも皆様にご迷惑をおかけするのでした。

 

こんなご迷惑ばかりかける私とお付き合いしてくださる方がいる。

ありがたい。。。

本当に 有り難い・・・

つづく・・・

 

スピリチュアルをやる? -昔のブログより

2013-01-08 16:17:42 テーマ:ブログ

時々 クライアントから 「なんでスピリチュアルをやろうと思ったのですか?」 という質問を受ける。

「スピリチュアルをやる」・・・
「スピリチュアルをやる」ってなんだ?

確か6~7年前に 仲良くしていたクライアントの一人から、「最近は”スピリチュアルをやる”っていうんですよ。」 と 教えてもらったことがあった。

私は一度も ”スピリチュアル” を やろうと思ったことはない。

ただこの仕事は”する”ことだからしているだけだ。
意味がわからないので、たぶんこの質問は
「何でこのお仕事をするようになったのでしょうか?」
という意味だろうと 自分なりに解釈し、 セッションルームをするようになったきっかけや、リーディングをするようになったきっかけをお話している。
”スピリチュアル”とは、精神的な思考、見方、捉え方、そして更に生き方のことを言うのだと思う。

だから特殊なことではなく、日常の生活の中に、この世の中のに既に存在しているものだと思う。

見方や考え方、捉え方が変わると同じことでもぜんぜん違うことのように感じる。

現実が違ったものになる。

 

例えば、一緒にいる人の顔に鼻クソがついていたとする。

その時に 「鼻くそがついてるよ」 と教えると、

ある人は すごく憤怒して 「信じられない!こんなとこで鼻くそついているなんて言うなんて! 」 と言って鼻を隠すかもしれない。

またある人は 「え~ どこ、どこ~?」 と言って鼻の穴を広げるかもしれない。

そして 教えてくれた人に 「ありがとう」 と感謝さえするだろう。

前者の方は恥ずかしめられたと捉え、後者は ”ただ起こっていること” で何てことないことだと思っている。

 

”スピリチュアル”とは 人の心の持ちようだ。

一つの事を善いか悪いかだけではなく、様々な角度から解釈できる、捉えられるように、見られるようになることだと思う。

そして ”ただ” という状態になることだと思う。

 

精神性が上がれば 現実にそれがあることがわかってくるのだろう

 上は下で 下は上

  内は外で 外は内

 

”スピリチュアルをやる” というのはわからない。

たぶんこのような質問をする人は、スピリチュアルというのを特殊なものだと捉えているのだろう。

オーラが見えたり、光が見えたり、天使や妖精、はたまた幽霊が見えたり、メッセージを受け取ることがスピリチュアルなのではないと思う。

これらは単にその人の特技だ。

ピアノが弾けたり、絵が描けたり、走るのが速かったり、遅かったり、外国語を早くしゃべれるようになったり、通訳ができたり・・・

みんなある程度は同じ能力をもっている。

練習すれば、勉強すれば ピアノだって弾けるし、絵だって道具さえもてば 点を紙に一つ描くだけでそれはもう絵にもなる、脚があれば走れる、口があればしゃべれる。

ただ同じ事をしても、同じように練習したり、勉強したりしても ピアニストになれるのはごくわずか。

画家になるのもスポーツ選手になるのも、外国語が話せても通訳になれるのは それができる全員ではない。

その人に与えられた特技だ

私なんかバレエを何年やっても、どんなに一生懸命やっても ちっともバレリーナのようにはなれない  故障ばかりしてしまうありさま。

(ちょびっとづつ、進歩しているようだけど。。。 ちょびっとづつ・・・ね )

セラピストやヒーラー、チャネラーになるのもそれと同じ。

その人の特技。

特技 = 特別な技 = ギフト

ギフトは活用する。 生かすために与えられた。

誰もに ”ギフト” はある。

何かに、誰かに憧れるのではなく、一人一人が自分のギフトに気づき、受け取ることだ。

スピリチュアルな考え方、捉え方になるために、ヒプノセラピーやリーディングなど、他にも様々な技法が自分の制限を知るため、何を持っているかを知るために存在している。

ただの技法。道具。

 

私もヒプノセラピーで自分の抑圧しているものを解放したり、大泣きしたりして、気づいていなかった自分を知ったことで考え方、見方が変わって、世界が変わって見えてきた。

楽になった。

そして自分が好きになってきた。

 

そして、私がリーディングをするようになったのは、見方が変わり、いろんなものがそぎ落とされたことで私に与えられていたギフト が露出してきたからだ。

そして そのギフトを嫌い、拒んでいたために、気づき、受け取るために、そちらに向かうある事件が起こったのだ。

 

自分の ギフト はどんなものでも、使わなくてもいいけど、拒絶しないほうがいい。

ありがたく受け取ることだ。

でないと痛い目に会う ・・・ というのが 私の経験から得た教訓

 

もしかするともっとたくさんギフトがあるかもしれないぞ!

特技だけでなく、この身体も、この性質も・・・

痛い目に会う前に、全部与えられているものは受け取ろう! 善くも悪くも・・・ね。

すべては大事なプレゼント

 

”ある事件” については また後ほど・・・

静の時間

2012-03-14 16:13:46 テーマ:ブログ

今、とても大事な時間をいただいている気がする。

 

「”静”の時間」

 

世間に蔓延していて、当たり前すぎてわからなくなっている集合意識からの離脱。

社会的ルールというのかもしれない。

 

世間では「マインドコントロール」という言葉がまた出てきているけれど、私たちはずっと社会の作られた「常識」や「概念」にコントロールされてきている。すでにマインドコントロールされてきているのではないのかな。

 

「学校に行かなければ行けない」、「仲良くしなければいけない」、「泣いちゃいけない」、「しっかりしなきゃいけない」、「ごはんを食べなきゃいけない」・・・

子供のころはこう言われて

「なんで?」 って疑問に思ったけれど、ちゃんとした答えはわからなかった。

わからないけど、「そういうもん」と理解するしかなかったのかもしれない。

 

大人になってからはこんなことに慣れてきてしまっているから、親や周りに言われるまでもなく、自分が自分に「こうするべき」、「ちゃんと仕事をしなければいけない」、「しっかりとしましょう」・・・

と正しい型を強制してきた。

 

本当にそれで良かったのか?

それで本当に幸せなのか?

 

本当のところ幸せではなかった。むしろ苦しかった。

 

13~14年前ヒプノセラピーとの出会いで、本格的に自己探求を始めた。

いろんな気持ちが出てきて、たくさん泣いて、泣いて、鼻水流して泣いて・・・

苦しかったんだな~

過去世や子供のころの出来事がどうのというより、泣いただけ。

泣いただけだけどなんだか楽になった。

 

それから今まで、自分を探求し続けてきた。

正直に自分の感情もみてきた。解放してきた。

でもまだまだ残っている。

 

”至福”の経験も何度かある。 突然に。

すべてがひとつになった。

”幻想”を体感した瞬間。

どちらも 表現しがたい感覚。

広がり、縛りのない、抜けた感覚。

 

でもまたすぐ集合意識の穴の中に落ちる。

 

そして今、本当にこれを抜けるときに来ている気がする。

 

ずっと求めていたもの。

今、見えているマトリックスの世界から抜ける。

 

ただ、まだ執着や恐れがあるから時々「苦しい」と感じることがある。

 

だからこそ与えられる 「”静”の時間」 。

 

それを超えるために。

本当のことを知るために。

 

何も動かない。

私の中に入る時間。

思い込んでいたものを壊す時間。

 

そしたらきっと・・・ 新しい何かがある

 

 

嬉しかったこと

2012-03-05 18:32:18 に書いたブログ
・・・そして今 追加することがある。

昨日はクリスタルボウルの演奏会でした。

久しぶりの方がいらして、ゆっくりとお話ができました。

 

その方はとても探究心がある方で、以前からセッションの時にいろいろと質問をしてくださいました。

セミナーやリーディング、ヒプノセラピーなどで自分を知ろうと一生懸命で、ついつい私もセッション時にたくさんお話しする時間を設け、お蔭様で私も成長させていただきました。

 

そして今回演奏会に来てくださり、

「今までずっと外を探していたけれど、外ではなく自分の中にすべてあったんだと気づきました。」

と言ってくださり、

「2年くらい前にリーディングを受けたときに言われたことがわかってきた。」

当時はぜんぜん意味がわからず、モヤモヤとしていたそうですが、それが今は
「そういうことか! 」と腑に落ちたそう。

 

いろんなことを考えて理解しようとしてるときにはとうていたどり着かない ”真理” を一つ体験したんですね。

多くを語らなくてもいい。

本当に嬉しいです。

 

だって絶対に伝えられないことなんだもの。

探求して探求して、実践して、体験して・・・

そして自分の中ではじめて ピン  と来るもの。

 

リーディングはその道へ促すためのただの道標

発見するのは自分

頭ではぜったいにわからない。

「ああ、そうか」

と心でわかる。

 

一度わかっても、またわからなくなって
「なぜ~???」 って理解しようとして外に答えを見つけようとするんだけど、その体験が一度でもあると ”その場所” を思い出しやすい。

よかった  嬉しい

この気づきをたくさんの人が味わって欲しいな。

 

追加: 今の私

・・・ こんなコメントを今までにたくさんいただいて、
「自分で気づいていくための勉強会をしたい」とずっと思ってた。

そしてやっとその時が来た。

今の私に出来ることをさせていただきたい。