吉方旅行 ~後日談

昨日クリスタルボウルに参加くださった方が なんと4月に同じ村杉温泉に行ったと言うビックリマーク

 

そんなにメジャーな温泉ではないと思うので、あまりのローカルな偶然に大盛り上がり!!

 

私が泊まったのは 川上屋旅館。

「どこに泊まったの? 長生館?」  と、なんとなく聞いてみたら

「そうです!」 という。

 

きゃ~!! 私 そこの若女将と一緒に飲んだよ~!!

 

写真を見せたら 「そうそう! この人! 食事のときにご挨拶に来てくれました~」 だって。

 

なんとまあ It’s a small world !!

なんだか おもしろいご縁!

「それにしても清水さん、地元の人になってますね~」 だって!

はい。私 どこに行っても地元の人のようになってしまうんです。。。

 

彼女もすごくいい所だったのだけど、あまりいろんな所に行けなかったということなので、

今度は一緒に行こうねドキドキ

 

そして泊まった川上屋旅館さんのホームページを見たら

私が滝のところでのクリスタルボウル演奏している写真がトップページに掲載されている!!

ブログにもたくさん!!

 

村杉温泉 川上屋旅館

http://www.kawakamiya.jp/

 

あちゃ~!!

こんなことなら もう少しキレイな格好をしておくべきだったあせる

もう少し化粧もしてさ~

川上屋旅館さんにも申し訳ないことしちゃったわ~あせる

 

親切にしていただいた上に、ホームーページにまで載せてくださって。

本当にありがたい。

 

ほんとにステキなご主人、女将さん、仲居さん方。

美味しい食事にすばらしいお湯。

地元の皆さんにも仲間に入れていただき、幸せな旅をさせていただきました。

 

素晴らしいご縁をいただけて感謝、感謝、感謝ですラブラブ

必ずまた行く!!

スナックのママや みなさんにもお会いしたい!!

 

そして 今度はゆっくりと フルセットのクリスタルボウルの演奏を皆さんにお聞きいただきたい。

 

私にできることをさせていただきたいよ・・・
皆さんにご紹介したいけど、ナイショにしたい場所ですラブラブ

 

吉方旅行No.3~大きな気づき

「吉方旅行」

私の吉方旅行、マニュアルどおりには出来なかった。

一人でゆっくりも・・・ 早寝も・・・

計画が立てられず、人にご迷惑をかけ、行く前から人に頼りきった旅。

私は一人では何も出来ない。
決められない。
どこに行くのかアイデアがない。

ダメな私だ。

 

でも、たくさんの肉体を持った地上の天使たちが行き先を導いてくれる。

そのままの 情けない 私を受け入れてくれる。

 

何も自分で決めようとすることなんてなかった!

情けない私でもいい!

ダメな人間でもいい!

情けない私だから、ダメな人間だから たくさんの ”人” という天界から地上に使わされたもの ”天使” がちゃんとついていてくれる。

助けてくれる。

 

何も心配することなんかなかった!

 

出発前に友人たちに落ち込みながら話していた。

私は旅行のときはいつも人に頼ることになってしまう。
初めてあった人にもいろいろ連れて行ってもらったり、おごってもらったりして一人ではできない。
「ダメなんだよ~」、と。

その時友人たちは言った。

「あきちゃんは愛されているじゃん」

「愛されている人っているんだね~」

「そんなに人がしてくれる人っていないよ!」 と。

 

友達の言葉は本当だった。

私は愛されているのだ!

とてもラッキーなのだ!

自分で ダメダメだという見方しかしていなかった!

 

自分の意に沿わないとき、自分が上手く出来ないとき、一人で我を張って違うものになろうとしている。 立派に出来ない自分をダメだと決めつけ、自分を貶めている。

違う者になろうとしているから、目の前にある幸せに気づかない。

 

昔は何でも自分でやれたのに!
どんどんダメになっていく・・・ と、

こんなふうに自分を責めていたけれど、
だからこそ見えたものがある

ダメになることは悪いことじゃない!

こんな者でいいのだ。

「こんな者でいい」 と自分のキャラクターをそのまま丸ごと認めたときに 美しい人達が見える。

愛が見えてくる。

闇の中に光がある。

私の周りには美しい人達で溢れてる!

愛で満たされている!

 

そんなことを実感する旅だった。

 

吉方旅行の効果は1、4、7、10、13の法則で いずれかに出てくるんだそう。

さて、どうなるのか・・・

何も状況は変わっていない。

だけど、心の中が大きく変わっている気がする。

いま、とても幸せだ。

そして愛されていることに気づく 

吉方旅行No.2~予想外の展開

吉方旅行に行く当日、朝は雨だった。

車で行こうかとも思ったけれど、新幹線で行ってみることにした。

もしかしたら車の方が安上がりかもしれないし、便利だと思うのだけれど、なんとなく新幹線に。

 

小さいクリスタルボウルのセットも重いけれどなんとなく持って行くことにした。

いつどこでするんだかの予定もなく・・・

家を出るとき雨が止んだ。
よかった。

大宮で新幹線に乗り換えは5分くらいしかなかったので、お土産を買ってホームに行ったら新幹線は既にに来ていた。

上りも下りも同じ時間に発車予定。

右、左、どちらのホーム?  と駅員に尋ねたら、ここは左右両方上りホームだった!!

ガーン!!

 

大慌てでエスカレーターを下り、下りホームへ。

もう発車のベルが鳴っている!

エスカレーターに乗っている人の脇を大荷物持ってかけ上がり、新幹線に飛び乗った!!

間一髪ショック!

 

大宮から新潟までノンストップだ。

 

佐渡汽船は海がシケで波があったが無事佐渡に到着。

佐渡に着いて 急遽変更した新潟での宿の予約をするため友人宅でネットで宿探し。

行く場所は決まっている。

去年出張の帰りに通った五頭温泉郷。

 

そこも知り合いがいる。佐渡の友人の友人がサロンをしている。

昨年佐渡出張帰りに偶然にも泊まった温泉から近いところだったので、そして偶然にもずっと欲しかったものがこの方のところで手に入るということがわかり、寄ることになった。

そしてその時通った彼女のサロンの近くにある五頭温泉というのがとても気になっていた。

なんと今回、この辺りは真北に近かった!

 

しかし、宿がなかなか決まらない。

いきなり一人旅を受け入れてくれる宿も少ない。料金も高い。

気持ちが悪くなってきた。

 

結局一軒だけ二泊連泊で受け入れてくれる所があり、そこに決めた。

何度も「また電話します」と言った後に。

 

そこの宿のスタッフの電話対応はとてもおもしろかった。

私が予約しますと言った後に、「露天風呂はありますか?そこは一軒宿ですか?」 と聞いたら

「違います。たぶん○○さんと間違えているので、そちらに聞いてみたらどうですか?こちらはキャンセルしておきますね。」

と、嫌味がなく言ってくださった。

「温泉も露天風呂はなく、公共の露天がすぐ近くにあるが木曜日はお休みだから、露天を希望ならこちらじゃない方がいいかも」 と正直に教えてくださった。

 

あまりにも嫌味もなく、他の対応もなんだかおもしろかったので、ここに決めた。

佐渡の友達(昔からのクライアントさん)には頭が下がる。

突然、佐渡に行くことにし、最初佐渡に三泊するつもりで話をしていたのに、急に一泊の滞在にし、振り回してしまった。

それなのに、嫌な顔せず付き合ってくれた。
次の日にはセッションもさせていただいた。

彼女は本当にすごい人!!

ちょっとだったけど彼女のご家族にも会えてよかった!

心から信頼し、何でも話せ、助け合える 家族のような方。

そして共に道を歩んでいく同士だ、と勝手に思っている。

いつもいつも  ありがとう。
出逢わせてくれてありがとう。

 

新潟ではインフォメーションの方々もとても親切にいろいろ教えてくださった。

そしてレンタカーで五頭温泉郷、村杉温泉へ。

 

宿に行ってみると やはり素敵な女将さんと中居さん!

天然というのか、素朴というのか・・・ 本当にステキ!!

思わず 「やっぱりここにして良かった! お二人は本当におもしろい!!」 と言ってしまったラブラブ!

 

クリスタルボウルの入った箱を 「これは貴重品だから」 というと、

その箱を大事そうに両手で抱え2階の部屋まで運んでくれた。

部屋に入ってクリスタルボウルを少し出して、「こんなものです」 と見せ音を鳴らした。

「すごい~!気持ちいい音~ラブラブ」 と喜んでくださった。

 

宿の料理は最高!!

味もボリュームも、珍しいものも。


温泉もラジウム温泉で身体が暖まる~

大満足のうちに就寝。

 

次の朝、レンタカーで、どこに行こうかと思っていたら、宿のご主人が近所の遊歩道、そして車で山の方に連れて行ってくれた。

 

途中ご主人の携帯に電話が鳴り、どうやら約束を忘れていたとのこと。

宿に一旦戻り、お約束の相手も車に乗せ、また滝へ。

同行したのは宿のホームページを作成している方だった。

 

ホームページのブログ用に なんとそこでクリスタルボウルの演奏をすることになった!

 

本当は一人で滝の方に行ってクリスタルボウルを自然の中で演奏しようかな~ と思っていたところにこんな話チョキ

 

だから服装もひどい格好。

水着の上にラッシュガード。

夏は自然の中に行くときは 私 いつも水着を着てます。 いつでも泳げるように。

 

ああ、どんなときでもキレイな格好をしていなきゃダメだな~

そして 川の上の細い橋の上で演奏 ビックリマーク

きゃ~、風が吹いてクリスタルボウルが落ちませんように!!

演奏中、曇り空から急に日が差し込んできた晴れ

 

写真を撮ってくれている彼はいきなりの展開に革靴を脱いで川の中に入って写真を撮ってくれている。

ありがたい。

 

そして演奏終えて、車に乗り込んだとたんにどしゃぶりの雨雨

よかった~

この時の演奏写真は川上屋旅館さんのブログにも掲載されるかも。。。

 

なんだかおもしろいわ~

 

午後は五頭の去年うかがったサロンに行ってお話してこようと出かけた。
去年は彼女の時間がなくて10分くらいしかお話できなかったから。

 

伺うと、お客様が来ていて、ご紹介してくださった。

セッション、クリスタルボウル、コラボレーション・ワークショップの話をしていたら、私のコラボ相手の友人から電話が入った音譜

なんだか シンクロがすごすぎる!

 

そして なんと急な展開で 今日リーディングセッションを受けたいとのこと。

急遽行なうことになった!

 

私はレンタカーを新潟に返しに行かなくてはならないので、同行くださり宿まで乗せてくれるとのこと。

 

帰り道には行きたいと思っていた神社にも連れて行ってくれた。

何も言っていないのに・・・        以心伝心

なんだか今日はアメージング!!音譜

 

セッションの後はすぐに夕食。

これまたすっごいご馳走で にひひ

でっかいカキ!!  ヤッホ~ラブラブ音譜

 

食事が終わったら、ご主人が地元の方を誘って近くの飲み屋さんに連れて行ってくださり、

飲み屋でもクリボウ演奏!

 

昼間 滝や水の音にも負けずに澄んだ音が山に響き渡っていたのがすごかったから、みんなに紹介したい、と。

 

同じ年のステキなママさん、他の旅館の女将さん、みんな常連さん。

そんな中に入れていただいて、楽しいときを過ごした。

 

「今度いつ来るの?」

「こっちに住んだら?」

って 嬉しい言葉をいただいた。

 

吉方旅行は早く寝るようにということなのに、いつもよりも遅い時間に帰宅(帰宿)。

それから温泉に入り寝たのは2時過ぎ叫び

 

最終日、一人でゆっくり散歩して、小川に行ったらコケて靴の中ぐしょぐしょに。。。。

でも、それもなんだか楽しいラブラブ

 

帰りもご主人に駅まで送っていただいた。

 

「吉方旅行」

行っている最中に大吉ばっかり! Amazing!!

ステキな方々との出会い、新しいつながりが出来た!

 

佐渡の友人、新潟の方々、お会いした皆さんに本当にお世話になった。

 

ありがとうございます。

吉方旅行No.1 ~行くまで

先日「吉方旅行」というものに行ってきた。

先週末、クライアントの方が「吉方旅行というのがあって、行ってくるといいですよ。」 と教えてくれた。

私の吉方位をプリントアウトしてきてくれ、なんと今の時期の北方向は普通の2倍のボーナス付!!

予算的には厳しいけれど、時間もあるし、このタイミングで教えてくれたのも何かのご縁、

ええい!行ってしまえ! と火曜日か水曜日に出発して行くことにした。

三泊四日はしなくてはならないらしい。

 

月曜日は友達と飲み会の予定。

その前にどこに行くか決めたかったのに、特別に行きたいところもなく、どこに行って良いのやら地図を見ながら決められない。

テンションは思いっきり下がり、泣きたくなった。

飲み会も行きたくなくなった。

 

友達から電話があり、「今日は行けないかもしれない。どこに行ったらいいの~しょぼん

一人で決められないしょぼんしょぼん どうしたらいい~」 と泣いてしまった。

そう。 こんな時、私は決められない。
いつも誰かを頼ってしまう。

泣くほどのことではないのだけど、いつも人を頼ってしまう自分が無性に情けなくなってしまった。

 

「気分を変えるために来たら?」 ということで、飲み会に遅れて行くことにした。

テンションは落ちたまま。

 

旅行の事を話した。

日光か佐渡か・・・  決められない・・・と。

日光は真北だが、気分が上がらない。

佐渡は知り合いがいるから良くないかも知れない・・・

 

今回の吉方旅行は「一人で」とか、「ゆっくりする」とか注意事項がある。

だから余計悩んでしまう。

 

何か「~すること」 とか 「~ねばならない」というような条件がついていると、まじめにそれに従おうとしてしまいすぎて、わからなくなってしまうの。 パニック!

 

私を良く知る友人は 「佐渡がいいんじゃない?
海を渡ってさ。 知り合いもいるんだし、前回はお仕事だったけど、今回はゆっくり観光したら?」 と言う。

 

気がついたことだが、私はいつも一人旅をする時は、誰か知り合いがいるところを選んでいるようだ。

誰もいないところに行くこともあるが、そこで友達になり、もう一度行ったり、行きたいところはいつも誰かがいてくれる。

旅に行くのは一人だが、いつも目的地に誰かがいたり、そこを拠点に一人で出かけたり、常に誰かに助けてもらい、教えてもらい、旅をしている。

人にご迷惑をかけながら。

 

だからこそ今回はまったく誰もいないところを選び、一人で静かに過ごすところを選ぼう思ったのに、気分が乗らない。

そんな自分がダメな気がした。

しかし、みんなは 「そういうラッキーな人っているんだよな~」 とか、

「いつも助けてくれる人がいて、みんなに愛されているんじゃない」 と言われ、

視界が広がった!

 

「そうだ!私はこれでいいんだドキドキ

こんな情けない私でいいんだ!!

 

一気にテンションが上がってきた!!

 

そして決めたのは やっぱり 佐渡!

今度は泊まる所が決まらない。宿がいいと思うところがない!

前回は知り合いの家だったから。

「家に泊まってもいいよ」 と言ってくれる言葉に

「いいや。今回は一人旅だから、知らない宿にする」 と反抗し、苦し紛れに宿を予約した。

 

私、人の家って嫌いじゃないんだよね。
というか、むしろ好き!

そこの家の人や空気に触れるのが好きなのかな?

なぜかくつろげる。
良く眠れる。

無機質なホテルより旅館がいい。

旅館より民宿がいい。

民宿より人の家がいい!

・・・ということに今気づいた目

 

出発の前夜。

夜中に吉方旅行を教えてくれた方からメールが来て、

「方角の角度を違う角度入れなければならず、その角度だと佐渡は外れてしまうようです」 とのこと!
なんですと~!?

ガーン ガーン

あんなに悩んで決めたのに・・・

 

もういい。
佐渡に行く。

ちょうどセッション依頼もあったし、彼女に会いたいから。

 

そして急遽予定を佐渡一泊し、その後新潟に戻り、旅をすることにしたのであった。

こんなことなら佐渡では友達のところに泊めてもらうようにすればよかった。

そしたら彼女に旅館の送り迎えをさせることもなく、ご迷惑をかけるのも少なかったのに・・・

 

バカだね~

起こってくることに素直に従っていればいいのに、我を張ってみたりして。

と、流れに逆らうとこのようなことになる。
というお見本ができあがりました。

こうしてバカな私はいつも皆様にご迷惑をおかけするのでした。

 

こんなご迷惑ばかりかける私とお付き合いしてくださる方がいる。

ありがたい。。。

本当に 有り難い・・・

つづく・・・

 

スピリチュアルをやる? -昔のブログより

2013-01-08 16:17:42 テーマ:ブログ

時々 クライアントから 「なんでスピリチュアルをやろうと思ったのですか?」 という質問を受ける。

「スピリチュアルをやる」・・・
「スピリチュアルをやる」ってなんだ?

確か6~7年前に 仲良くしていたクライアントの一人から、「最近は”スピリチュアルをやる”っていうんですよ。」 と 教えてもらったことがあった。

私は一度も ”スピリチュアル” を やろうと思ったことはない。

ただこの仕事は”する”ことだからしているだけだ。
意味がわからないので、たぶんこの質問は
「何でこのお仕事をするようになったのでしょうか?」
という意味だろうと 自分なりに解釈し、 セッションルームをするようになったきっかけや、リーディングをするようになったきっかけをお話している。
”スピリチュアル”とは、精神的な思考、見方、捉え方、そして更に生き方のことを言うのだと思う。

だから特殊なことではなく、日常の生活の中に、この世の中のに既に存在しているものだと思う。

見方や考え方、捉え方が変わると同じことでもぜんぜん違うことのように感じる。

現実が違ったものになる。

 

例えば、一緒にいる人の顔に鼻クソがついていたとする。

その時に 「鼻くそがついてるよ」 と教えると、

ある人は すごく憤怒して 「信じられない!こんなとこで鼻くそついているなんて言うなんて! 」 と言って鼻を隠すかもしれない。

またある人は 「え~ どこ、どこ~?」 と言って鼻の穴を広げるかもしれない。

そして 教えてくれた人に 「ありがとう」 と感謝さえするだろう。

前者の方は恥ずかしめられたと捉え、後者は ”ただ起こっていること” で何てことないことだと思っている。

 

”スピリチュアル”とは 人の心の持ちようだ。

一つの事を善いか悪いかだけではなく、様々な角度から解釈できる、捉えられるように、見られるようになることだと思う。

そして ”ただ” という状態になることだと思う。

 

精神性が上がれば 現実にそれがあることがわかってくるのだろう

 上は下で 下は上

  内は外で 外は内

 

”スピリチュアルをやる” というのはわからない。

たぶんこのような質問をする人は、スピリチュアルというのを特殊なものだと捉えているのだろう。

オーラが見えたり、光が見えたり、天使や妖精、はたまた幽霊が見えたり、メッセージを受け取ることがスピリチュアルなのではないと思う。

これらは単にその人の特技だ。

ピアノが弾けたり、絵が描けたり、走るのが速かったり、遅かったり、外国語を早くしゃべれるようになったり、通訳ができたり・・・

みんなある程度は同じ能力をもっている。

練習すれば、勉強すれば ピアノだって弾けるし、絵だって道具さえもてば 点を紙に一つ描くだけでそれはもう絵にもなる、脚があれば走れる、口があればしゃべれる。

ただ同じ事をしても、同じように練習したり、勉強したりしても ピアニストになれるのはごくわずか。

画家になるのもスポーツ選手になるのも、外国語が話せても通訳になれるのは それができる全員ではない。

その人に与えられた特技だ

私なんかバレエを何年やっても、どんなに一生懸命やっても ちっともバレリーナのようにはなれない  故障ばかりしてしまうありさま。

(ちょびっとづつ、進歩しているようだけど。。。 ちょびっとづつ・・・ね )

セラピストやヒーラー、チャネラーになるのもそれと同じ。

その人の特技。

特技 = 特別な技 = ギフト

ギフトは活用する。 生かすために与えられた。

誰もに ”ギフト” はある。

何かに、誰かに憧れるのではなく、一人一人が自分のギフトに気づき、受け取ることだ。

スピリチュアルな考え方、捉え方になるために、ヒプノセラピーやリーディングなど、他にも様々な技法が自分の制限を知るため、何を持っているかを知るために存在している。

ただの技法。道具。

 

私もヒプノセラピーで自分の抑圧しているものを解放したり、大泣きしたりして、気づいていなかった自分を知ったことで考え方、見方が変わって、世界が変わって見えてきた。

楽になった。

そして自分が好きになってきた。

 

そして、私がリーディングをするようになったのは、見方が変わり、いろんなものがそぎ落とされたことで私に与えられていたギフト が露出してきたからだ。

そして そのギフトを嫌い、拒んでいたために、気づき、受け取るために、そちらに向かうある事件が起こったのだ。

 

自分の ギフト はどんなものでも、使わなくてもいいけど、拒絶しないほうがいい。

ありがたく受け取ることだ。

でないと痛い目に会う ・・・ というのが 私の経験から得た教訓

 

もしかするともっとたくさんギフトがあるかもしれないぞ!

特技だけでなく、この身体も、この性質も・・・

痛い目に会う前に、全部与えられているものは受け取ろう! 善くも悪くも・・・ね。

すべては大事なプレゼント

 

”ある事件” については また後ほど・・・

9月のクリボウすごいぞ!

今月のクリスタルボウル・レゾナンス(演奏会)はすごいぞ~!!

特に新月、満月はPowerful Energyです!

9/13の新月からはじまる月まわりは特別なものになりそうです。

太陽・地球・月が整列するのが、新月・満月です。
これの軸がさらに月の昇交点・降交点の軸(ライン・オブ・ノード)とも整列し、新月は日食、満月は月食となります。
そのうえさらに月の軌道長軸とも整列し、9/28の月食は近地点での満月・スーパームーンとなります。

もともと地球のライン・オブ・ノードである春分・秋分のタイミングで行っている富井さんとのコラボ・ワークショップ 「アクシス・アライメンテーション」も、
今回はさらに月軌道のすべての軸の整列がそこに重なるタイミングとなります。

クリスタルボウル・レゾナンス 東林間
9月11日(金)
9月13日(日) 新月
9月27日(日)
9月28日(月) 満月

アクシス・アライメンテーション 東京飯田橋
9月21日(月・祝)
IMAG4428

私はFairies of Moon ・・・ 月のエネルギー自体

クリスタルボウルをとおして宇宙のエネルギーをお届けいたします。

アクシス・アライメンテーション 秋分ワークショップ

レイエッセンスの富井清文さんと私のクリスタルボウル演奏とのコラボレーションワークショップ。

今回は東京で行ないます。

中庸軸の秋分を前にし、
日食と月食の中点であるこの日。
“私”だけになる。

● 期日: 9月21日(月・祝) 1 3 :0 0~1 7 :0 0 (開場12:30)
● 会場: ネイチャーワールド(株)セミナールーム
(東京都千代田区飯田橋3 -3 -7 秋穂セントラルビル4 F)
● ファシリテーター:  富井清文・清水安樹子
● 参加料:12 ,00 0円(エッセンスボトル込)
● お問合せ・申込先:
長野メンタルステーツ:present@pat.hi-ho.ne.jp

フェアリースオブムーン:fairiesofmoon@yahoo.co.jp

15年林間唯我と5

ただ”在る”こと。自分自身と本当にひとつになる。
二極の中庸である秋分は、真の自分へ軸を定めるシフトのタイミングです。
部分日食と皆既月食に挟まれた今年の秋分は、さらに大きな波となりそうです。
レイ・エッセンスとクリスタル・ボウルによる芯動ワークを通して、この大きな波に乗り、余分なベクトルを手放し、
“私”という軸へと明確に意識を合わせ整列していきましょう。
レイ・エッセンスは、真の”私”という次元軸のベクトルであり、それを指し示すものです。そして様々な側面から真の”私”への目覚めを促し、そこにシフトすることを誘います。
クリスタル・ボウル芯動は”いま、ここ、この一瞬” の振動を音に託し、その場にいらした方々に必要な音と光を宇宙とつながり響かせていきます。
あなたの深い部分”芯(真)”にアプローチし活性化するので、それらが相乗的に働いたとき、真の自分自身へのシフトがより呼び覚まされることでしょう。
この”私”へのシフトの感覚をあなた自身のものにし、そのプロセスを促すための”共鳴の場”をそこに作ります。
そしてワークの最後に、今の自分のためにパーソナライズされた、シフトの意識をサポートするレイ・エッセンスのボトルを作り、お持ち帰りいただきます。

 

新クリスタルボウル演奏会 9月日程

この度、クリスタルボウル演奏会の形、及び料金を変更させていただくことにいたしました。
当初よりヒーリングやスピリチュアルの枠を超えて多くの方々にご参加いただけるように料金や内容を設定させていただきましたが、意識や感覚、エネルギーの深いアプローチを求めている方、演奏のみをご希望の方、様々な方がいらっしゃいます。皆様の用途に応じ行なっていきたいと思います。

「クリスタルボウル・レゾナンス」は、演奏会前にチャクラと肉体のつながりやエネルギー、意識のことなどさまざまなことに意識を向けることにより、より深い癒しと叡智を促していきます。「演奏会」は演奏のみとさせていただきます。
当分はレゾナンスを2時間、その内の演奏部分を演奏会とし、別な日程を設けない形で始めさせていただこうと思っております。
皆様のご理解をいただければ幸いです。

私自身も更に浄化し、より一層クリアな響きをお届けさせていただきたいと思います。

クリスタルボウルを始め10年、長い間多くの皆様にご参加いただきましたことは感謝でいっぱいです。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

《9月のクリスタルボウル演奏会の日程》

<日時 >
11日(金)、13日(日・新月)、
27日(日・満月)、28日(月)

レゾナンス 2時間(演奏会70分)
① 11:00~13:00 (演奏会 11:50~13:00 )
② 15:00~17:00 (演奏会 15:50~17:00 )
③ 18:30~20:30 (演奏会 19:20~20:30 )
*追加でレゾナンス、演奏会を行なうことがございます。HPをご確認ください。

<参加費> 各回とも(プルーン、ナッツ付)。
レゾナンス       ¥5,000
演奏会              ¥3,300
*同日2回参加の方は割引させていただきます。
*子供割引もあります。お子様をお連れになられる方は条件もありますので、ご連絡ください。
*実践ジャークラブの方は割引有り。

<予約受付> 完全予約制。フェアリース・オブ・ムーン TEL:046-272-9530
Mail:fairiesofmoon@yahoo.co.jp または fairiesofmoon@gmail.com
定員6名。定員になり次第締め切らせていただきます。直前の場合は必ず上記メール又は携帯電話へご連絡ください。

完全予約制