吉方旅行No.3~大きな気づき

「吉方旅行」

私の吉方旅行、マニュアルどおりには出来なかった。

一人でゆっくりも・・・ 早寝も・・・

計画が立てられず、人にご迷惑をかけ、行く前から人に頼りきった旅。

私は一人では何も出来ない。
決められない。
どこに行くのかアイデアがない。

ダメな私だ。

 

でも、たくさんの肉体を持った地上の天使たちが行き先を導いてくれる。

そのままの 情けない 私を受け入れてくれる。

 

何も自分で決めようとすることなんてなかった!

情けない私でもいい!

ダメな人間でもいい!

情けない私だから、ダメな人間だから たくさんの ”人” という天界から地上に使わされたもの ”天使” がちゃんとついていてくれる。

助けてくれる。

 

何も心配することなんかなかった!

 

出発前に友人たちに落ち込みながら話していた。

私は旅行のときはいつも人に頼ることになってしまう。
初めてあった人にもいろいろ連れて行ってもらったり、おごってもらったりして一人ではできない。
「ダメなんだよ~」、と。

その時友人たちは言った。

「あきちゃんは愛されているじゃん」

「愛されている人っているんだね~」

「そんなに人がしてくれる人っていないよ!」 と。

 

友達の言葉は本当だった。

私は愛されているのだ!

とてもラッキーなのだ!

自分で ダメダメだという見方しかしていなかった!

 

自分の意に沿わないとき、自分が上手く出来ないとき、一人で我を張って違うものになろうとしている。 立派に出来ない自分をダメだと決めつけ、自分を貶めている。

違う者になろうとしているから、目の前にある幸せに気づかない。

 

昔は何でも自分でやれたのに!
どんどんダメになっていく・・・ と、

こんなふうに自分を責めていたけれど、
だからこそ見えたものがある

ダメになることは悪いことじゃない!

こんな者でいいのだ。

「こんな者でいい」 と自分のキャラクターをそのまま丸ごと認めたときに 美しい人達が見える。

愛が見えてくる。

闇の中に光がある。

私の周りには美しい人達で溢れてる!

愛で満たされている!

 

そんなことを実感する旅だった。

 

吉方旅行の効果は1、4、7、10、13の法則で いずれかに出てくるんだそう。

さて、どうなるのか・・・

何も状況は変わっていない。

だけど、心の中が大きく変わっている気がする。

いま、とても幸せだ。

そして愛されていることに気づく